レコード4社が新媒体、メモリーカードで 音楽販売で提携
JUGEMテーマ:日記・一般


レコード4社が新媒体、メモリーカードで 音楽販売で提携

音楽ソフト販売を巡り、大手企業の提携・再編が相次いでいる。レコード4社と米サンディスクは22日、メモリーカードを使う新媒体でのアルバム販売で合意。米ヤフーはネット配信でリアルネットワークスなどと協力する。2007年の世界音楽市場は、CD販売が振るわず前年比6%縮小し、300億ドルを割り込んだ。金融不安で個人消費の鈍化が懸念されるなか、配信で独走するアップルに、各社は合従連衡で対抗する。

 ユニバーサル・ミュージックやソニーBMGなどレコード4社は、指先大のカード「スロットミュージック」に楽曲を記録したアルバムを年内に売り出す。同カード対応の携帯電話や音楽プレーヤー、パソコンで再生する。メモリーカード大手のサンディスクが技術開発を担う。CDに続く主力媒体に育てる。

 価格やアルバム名など詳細は近く公表する。米国では小売り最大手ウォルマート・ストアーズや家電量販大手ベスト・バイが取り扱う。欧州でも売り出すが、日本での販売は今後検討する。


流通網、小売りを養っていかないといけないって大変ですね。

PEROSTAR | comments(0) | trackbacks(0)
Comments
Post a Comment










Trackback URL
http://souper.jugem.jp/trackback/140
Trackbacks