「Adobe Creative Suite 4」発表、ワークフローを大幅改善
JUGEMテーマ:音楽×映像


「Adobe Creative Suite 4」発表、ワークフローを大幅改善

米Adobe Systemsは9月23日 (現地時間)、クリエイター向けスイートの最新版「Adobe Creative Suite 4 (以下CS4)」を発表した。米国では10月の出荷予定となっている。

CS4は13のソフトウエア製品と14の技術、7つのサービスで構成される。製品ファミリーには、主なデザイン・開発ツール/ 技術/ サービスが統合されたMaster Collectionのほか、Production Premium、Designエディション(スタンダード/ プレミアム)、Webエディション(スタンダード/ プレミアム)などが用意されており、「Adobeにとって、これまでで最大のソフトウエアリリースになる」という。印刷、Web、モバイル、インタラクティブメディア、ビデオなど、あらゆるクリエイティブプロセスをカバーするツールとサービス群を用意。改善されたワークフローが円滑な作業を支援し、デザイナーと開発者のカベを取り払う。また製品ファミリー全般にFlash技術が深く統合されているのも特徴となっている。


win版64bit、mac版32bit
news | comments(0) | trackbacks(0)
Comments
Post a Comment










Trackback URL
http://souper.jugem.jp/trackback/141
Trackbacks