いのちの食べかた [DVD]
評価:
Amazonおすすめ度:
最高の社会科教材
何度見てもいい映画です
「感謝の祈り」が無い食卓
JUGEMテーマ:映画


はい、こんにちわ。
農業法人PEROSTARです。
DVDが出ていたので再投稿しました。

今日、ずっと話題になっている映画
いのちの食べかたを観ました。

これほどまでに、驚き考えさせられる作品はまず無いです。
最後まで、その映像にただ驚き続けます。

鳥や豚などの生き物が
ベルトコンベアや刃物の機械で
効率的に肉に変わっていきます。
セリフなど一切無く、ただ淡々と、
大型化された農業の行程と、
大型工場の肉加工工程と従業員を映し続けます。
ヒヨコがジャガイモと同じものとして扱われていることや、
ただ単に肉の成る木でしかないなんて、
考えてもみませんでした。



特に、大都市にいると土の匂いさえ忘れてしまいます。
この作品を見ている時、子供の頃感じた風景と一緒に、
幼少の頃、実家で無理矢理飼っていた牛1頭の事や、
わらで積み上げてある肥溜めの梅酸っぱい匂い、
近所にあった小さな豚小屋から聞こえてくる
悲鳴に似た、豚の甲高い鳴き声を思い出しました。



本当にこれは、素晴らしい作品です。
そして、見ておかないといけない作品です。
ブックレビュー | comments(0) | trackbacks(0)
Comments
Post a Comment










Trackback URL
http://souper.jugem.jp/trackback/146
Trackbacks