エロのある風景 第1回
今後、日常に取り込まれていくエロのある風景について書きます。さっそく余談ですが、僕がアダルト的なモノに目覚めたのは早く、小学校の頃です。丁度、ルナ先生が、わたる君に指導していた頃です。(ルナ先生は、わたるが勉強嫌いなのを知り何とか勉強を好きになる様にあの手この手でわたるに個人授業をします。ちなみに好きだった回は、パン食い競争の回)あの頃の1コンテンツに対する価値は相当のモノがありました。

ここ30年間での、エロの大きな転換は紙からビデオ(DVD含む)に主媒体が移った事でした。ここ近年のネット文化(常時接続)により、エロコンテンツの価値はゼロに近づいています。ここで、DVDからブルーレイになれば、需要は生まれるかというと、そんな時代ではありません。元々、エロに対しお金を使うユーザーは限られています。売り上げで、SODをDMMが追い抜いた事で分かるとおり、限られたユーザーでさえネットです。さらに、その少ないパイに照準を絞るため、ジャンルを広げ薄利多売を余儀なくされます。1コンテンツ辺りの制作費は10年前の、半分〜10分の1位になっています。300万の制作費が今では30万と聞いたこともあります。
現在この市場で成功し、大きく売り上げを伸ばしている企業は分かりやすく、ネット広告に長け、アフィリやリスティング、ブログなどを多発しています。
そして、今後エロでもっとも大きく動くのが、携帯電話のDL動画やストリーミング動画だと言われています。半径30cmのメディアと言われる携帯メディアは、相性が抜群です。
携帯メディアに、この先エロが大々的に仕掛ける広告とすれば、属性ターゲティング広告です。(mixi等でも導入されているアレです。)あきらかに、エロとは親和性が高い広告モデルです。エロ携帯に限らず、エロネット、エロデジタルサイネージにも活用できれば、相当の需要を掘り起こせると考えられています。(デジタルサイネージではまだ、効果測定が出来ないため微妙)
そうなってくると、どこに行ってもエロに追いかけられるようになります。メディアに仕立てられたモノと、リアルに転がっているモノの境界が無くなっていく事さえ考えられます。僕は、そんなエロのある風景を想像したとき、よくあるSF作品みたいに、頭で考える恋愛は崩壊するのではないかと考えています。

そこで、エロのある風景 第2回は、
DTに代表される一大産業を予定しています。

JUGEMテーマ:ビジネス



思ったこと | comments(0) | trackbacks(0)
Comments
Post a Comment










Trackback URL
http://souper.jugem.jp/trackback/160
Trackbacks